Living Loving Leuven

溜池や ナマズ飛び込む 水の音

到着後の手続き

 KU Leuvenの人事課の担当者は、着任者のとるべき手続きについてのガイドを送っていてくれました。これはとても役に立ちました。素晴らしい。

First step upon arrival
https://admin.kuleuven.be/personeel/english/international_staff/first_steps_upon_arrival

 ガイドに沿ってやるべきことのリストを書き出しておくとこんな感じです。

1)到着
 受け入れ研究者もしくは指導教員に、少なくとも1週間前には到着日を知らせておきます。
(2)住居を探す
 定住するための家を契約し、住所を確定させます。
(3)市役所への登録
 住んでいる地域の市役所で住民登録をします。
(4)警察官の訪問
 登録した住所に、実際に住んでいるかどうかを、警察官が確認します。確認次第、住民カード発行の手続きへ移ります。
(5)銀行口座開設
 現地で銀行口座を開きます。
(6)保険の登録
 健康保険を任意の会社と契約します。

 そのほか、運転免許や子ども手当についても記されています。
 私は、現地到着前に受け入れ研究者とは連絡を取り、オンラインでの面談の日程調整をすませていました。住居も事前にAirbnbで契約したので必要ありません。
 次の住民登録ですが、コロナの影響で、すべてメールに書類を添付して完了しました。写真もjpgの添付で問題ありませんでした。その日のうちに、Annex49という登録証が送られてきました。なんてスピーディ!
 このさき、警察官が住居を確認次第、住民カードの受け取りの手続きをします。これから、銀行口座、保険の契約が進んでいきます。
 ここまでは、基本的には英語でやりとりできますし、書類さえきちんと揃っていれば何も難しくありません。VISAの取得手続きが煩雑だっただけに不安でしたが、VISAさえ出ていれば、なんとかなるようです。